―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

投薬以外の治療方法

高気圧酸素療法

密閉された空間で、大気圧(通常の気圧)よりも高い圧力がかかっており、その中に一定時間入って過ごします。

 

形はベットが入る程度の小型のカプセルタイプのものから、

 

大きな部屋で患者が複数入れるタイプまであります。

 

室内は高い濃度の酸素で満たされており、ここで一定時間呼吸することにより、体内の酸素濃度を上昇させます。

 

音を感じ取る器官の細胞は、代謝量が多いのに、動脈と静脈、重要な太い血管は1本ずつしかない為、

 

血液の供給量が悪くなると、一気に酸素不足、酸欠となってしまいます。

 

酸欠になった状態の聴覚の神経細胞は不安定な状態となり、組織が正常に働かなくなってしまいます。

 

高気圧酸素療法によって内耳の酸素供給量を上げる事により、ダメージを受けた聴覚神経の回復を図ります。

はり・灸

古くより伝わる東洋医学による治療法。

 

身体には、生命を持つ者に必ず流れているエネルギー(気)が存在し、

 

そのエネルギーの重要な通過点を「ツボ」と呼んでいます。

 

そしてエネルギー(気)の流れている道の事を「経絡」と呼んでいます。

 

このツボや経絡には「針」による刺激、

 

そしてヨモギの葉を原料にしたモグサで作られる「お灸」を使用した熱による刺激、

 

そして指圧による刺激を併用し施術します。

 

二度目の突発性難聴を発症した際は入院しなかったので、

 

空いた時間を使い針治療を受けていました。

 

投薬治療の補助的な役割として捉えて活用していました。

 

治療の効果については諸説あるようですが、先生のお話によると、

 

「疲れが溜まっていたり、緊張してこわばっている部分に針を打ち、

 

その部分に治療が必要である事を身体に“気付かせる”という目的もある」との事です。

 

不具合が出ている個所や、不具合の出ている部分に直通するツボに身体が気付くと、

 

そこにエネルギーを集中させて、自分自身の自然治癒力を利用し改善させる、というのが目的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ