―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

原因

自律神経失調症になってしまう原因

ここでは、自律神経失調症になってしまう原因を紹介しています。

 

簡潔にまとめると、精神と身体の両方からの負担が重なった事で発症する確率が上がります。

 

精神面では悩み事、ショックだった出来事が、継続して一点あるいは複数あったり、

 

身体では運動不足や、偏った栄養バランスの食事や、睡眠不足といった不規則な生活、

 

こういった事の積み重ねにより、

 

本来は制御されているはずの“自律神経”と呼ばれる全身を調整する神経が誤動作を起こし、

 

内臓や発汗、眠気などが今置かれている環境に適した体調に調整されなくなってしまいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ