―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

レール

相手に用意されたレールに無理くり乗せられる形で生きてはいませんか。

 

そしていつの日か、そこに幸せを見いだせる日が来る事を期待してはいないでしょうか。

 

それはあなたの相手に対する一方的な期待であり、

 

そもそもそのレールに乗せられている限り、

 

あなたの人生というよりも、相手の人生の中のほんの一部に付属されている程度、

 

相手の列車に連結された最後尾の一両、である事に気付いてほしいのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ