―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

自律神経失調症

体には「自律神経」と呼ばれる神経が張張り巡らされていて、大きく分けて2種類の神経「交感神経」、「副交感神経」に分ける事ができます。

 

これらは通常、自動で切り替わる仕組みになっており、自分の意思と無関係に働く機能(発汗、心拍数、消化器官、内分泌系など)を全てコントロールしています。

 

ストレスを過剰に溜め続けると、これらの機能が正常に機能しなくなり、体に様々な不調をきたします。

 

ここに紹介するのは主な症状と私が実際に経験したものも踏まえて説明していきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ