ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します

度を越えた特殊なタイプの人々

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加 

「パーソナリティ障害」

 

一般的な考え方や価値観から大きく離れた感覚を持ち、

 

それが原因で他人や社会との摩擦が生じてしまう程のレベルまで達していて、

 

様々な問題を引き起こす可能性のある疾患です。

 

性質・行動パターンによって細かく分類されます。

 

私が実際に関係をもったのは「境界性パーソナリティー障害」と呼ばれる精神疾患を持った人でしたが、

 

ここでは、こちらに危険が及ぶ、または可能性のある疾患を抱えた人、

 

それらは全部含めて「問題のある相手」「問題を持った人」と表現しています。

 

一般社会で認識される「性格が悪い」とはかけ離れていて

 

自分の価値観に同意できるか、そうでないかで極端に評価が変わったりします

 

拠り所の対象、「ターゲット」となった方は、必ず何かしらの苦労を強いられます。

 

相手からの理不尽な扱い、鬱憤の矛先をサンドバッグのように、ただただ受け続けている方が居ますが、

 

その状況では残念ながら「いつか治る」という事はありません。

 

また、

 

一般人が相手を治療する事は非常に困難であり、

 

神経を削る日々を強いられていくうちに、自分の時間は無気力に過ごすようになります。

 

勝てないギャンブルの如く、時間的、金銭的、そして何よりあなたの精神的・身体的な疲弊は避けられません。

 

結論を述べると、

 

逃げる

 

という事が最善策である事を述べさせていただきます。

 

きっと、あなたは逃げる事に非常に抵抗感を感じると思います。

 

相手を見捨てるような、罪悪感。

 

また、相手と関係を切った事による、自分が孤独になってしまうような感覚。

 

追い回される危険がある場合は、

 

より徹底して逃げる・法的な手段に出る事も視野に入れて下さい。

 

ただ、あなたも、その相手も、まず孤独にはなりません。

 

あなたが生きてる以上、必ず誰かに出会います。無人島でもない限り。

 

そして相手も相手で、あなたに依存する事ができないと分かれば、即座に他の依存先を探します。

 

ドライな表現かもしれませんが、替えはいくらでも居るのです


ホーム RSS購読 サイトマップ