―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

意識の四捨五入

算数には「四捨五入」という言葉があります。

 

0〜4までの数字は0、

 

5〜10までの数字は10、

 

こうして振り分ける事を言いますが、

 

パーソナリティを患っている人は、これを精神面でやってしまいます。

 

例えば、好きな音楽グループの話題で会話していたとします。

 

その音楽グループのメンバーAの事に対しては、褒めたり、賛同の言葉が出ます。

 

ところが、

 

こちらがもう一人のメンバーBの良い所について話し始めた途端、

 

相手はたちまち黙り込んで、話に乗ってこなくなりました。

 

問題のある人にとっては、メンバーAの事は好きでも、Bはあまり好きではなかったのです。

 

でも、自分はAと一緒に、Bも褒めてしまいました。相手は急に無口になり、態度が急に冷たくなり、こちらの話にいちいち突っかかってくるようになりました。

 

問題のある人にとって、自分の中での考えや価値観は、
 
お互に一致しているという事が大前提なのです。

 

そして、もしもお互いに価値が一致しないという事が起きたら、それは問題のある人にとっては非常事態なのです。なのです。

 

 互いの価値観や、向いてる方向が同じであるうちは、相手に対し多大なる賞賛や尊敬を抱きます。評価が5〜10で、四捨五入され、10点です。

 

かと思えば、何か少しでも意識のズレや気に入らないことがあれば、たちまち非難・罵倒・こき下ろしの仕打ち。

 

評価が0〜4となり、つまり、四捨五入で0点です。

 

10点か0点です。両極端な評価のつけ方は当然、態度にも表れます。

 

そんな相手の「意識の四捨五入」に恐れ、ターゲットは翻弄されるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ