―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

「いつか」は来ません

残念ですが、これが現実です。

相手からの理不尽な攻撃に、

 

あなたは「いつか必ず回復する時が訪れる」と思いながら必死に耐えている事でしょう。

 

非常に残念な事ですが、その「いつか」は、来ません。

 

そういった期待や希望は、あなたの中の一方的で勝手な妄想です。

 

もっと言うと、

 

あなたのそういった考え方が、相手の症状をより悪化させ、回復から遠ざけているのです。

 

あなたのような“とても都合が良くて、殴りやすいサンドバック”が常に目の前にぶら下がっているようなものです。

 

そうすると、殴りたくなるんです。相手は。

 

もちろんそれは比喩であり、実際には殴らないとしても、

 

気まぐれで罵声を浴びせてみたり、真実に嘘を混ぜてあなたを陥れたり、、、

 

いろいろなやり方で、あなたというサンドバックを痛め付けます。

 

そして、たくさんの理由を並べて、最後には

 

「一番辛いのは自分なんだ、苦しいんだ」

 

と被害者の振る舞いをして終わりです。

相手の疾患の悪化はあなたも加担しています

あなたの中途半端な優しさが、

 

相手には結局“甘やかし”となって伝わり、

 

相手はそれを際限なく受け取るのです。

 

そして結局、

 

あなたの相手に対する“甘やかし”は“症状”という形にして、あなたに返してくるのです。

 

そしてあなたは傷つく。

 

この永遠のループなのです。

 

いいですか。少なくとも、一方的で勝手な妄想を浮かべているうちは「いつか」は来ません。

 

断固とした態度で居続ける事が重要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ