ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します

謝った解釈も全て現実として認識される

本人にとっては「現実」として認識される

プロの詐欺師の言葉に、

 

「人を騙そうとするのではなく、まず自分を騙す。

 

例え真実と違った事も、あたかも現実の事のように認識して振る舞うと、周囲も同じように信じてしまうだろう」

 

という話があります。

 

自分にとってより有利な立場に立ちたいが為に、

 

それが例え多少滑稽に映ったとしても、自分の中で都合よく解釈する事があります。

 

この厄介な“解釈”、それは偽るのとは違います。

 

詐欺師のように自分を“騙す”事より更に上です。

 

どんなに無理がある解釈でも、自分の中では完全に“真実”として認識されて、

 

周囲にもその“真実”を主張します。

 

騙そうというよりも、起きた事をそのまま話すかのように主張するので、輪を掛けて説得力が増してきてしまうのです。

解釈は人の存在すら消す事ができる

健常者であるAさんと、問題のある人Bさんがキャッチボールをしていたとします。

 

まず、AさんがBさんにボールを投げます。

 

ボールを受け取ったBさんに偶然、Aさんよりも仲の良い健常者Cさんが現れました。

 

BさんはCさんとキャッチボールを始めました。

 

当然、Aさんは不審に思います。

 

後日、Bさんにとって、「元々キャッチボールをしていた相手はCさんだった」

 

と記憶が書き換えられてしまい、Bさんにとって「現実に起きた事」として記憶されます。

 

脳がそう解釈しきってしまうのですから、当然ながらそれを信じて疑いません。

 

これは極端な例ですが、

 

もうBさんにとっては、その場にAさんなど存在していなかった事にだってできるのです。

 

そして、本当ならそこに居たのにも関わらず、そこに居なかった事として周囲に認識されてしまった状況で、

 

「Bさんとキャッチボールをしていた」などと証言するAさんは、“ワケのわからない事を言っている人”として判断されてしまいます。

 

あらゆる出来事を自分の都合に合わせて解釈して、周囲も信用させる。

 

言葉巧みに、表現豊かに。

 

自分の中で真実として認識されているので、

 

感情に身を任せて、大粒の涙を流して泣いて訴えかける事だってあります。

 

そんな状況を目の当たりにすれば、多くの人は信用してしまいます。

 

人は、手や足といった意識して動かせる部分より、

 

汗や涙といった自分の力でコントロールする事の難しい部分を使って表現されると、感情が揺れ動きます。


ホーム RSS購読 サイトマップ