―ストレスからくる不調の軽減をお手伝い致します―

人は常に、未来を見据えて生きている

人は皆、常に未来を見据えて生きている

あなたは今、大けがをした状態でこの文章を読まれていますか?

 

あなたは今、強盗犯の立てこもっている銀行の中で、人質として捕らえられている状態で、この文章を読んでいますか?

 

恐らくそのような状態ではないと思います。

 

上記のような状況はとても極端な例ですが、

 

このような非常事態に陥った場合、警察なら110番・火事や救急なら119番に通報するというのが基本です。

 

では、あなたは毎日、110番、119番に通報するでしょうか。

 

まず、しないと思います。

 

じゃあ、必要ないのでしょうか?

 

そう言われると、そんな事はない、必要だ、そう思うのです。

 

「いざ」という時に必要だからです。

「いざ」という時は、いつなのか誰にもわからない

その「いざ」は、いつ来るのか分かりません。明日かもしれないし、5年後、10年後かもしれない。

 

もしかすると、一生ない可能性すらあるかもしれないのに、取り上げられれば、たちまち人は不安を覚え、弱気になってしまう事でしょう。

 

それはなぜか。

 

それは人は皆、常にこの先の未来を見ながら行動しているからです。

 

この世に「保険業」という職種が多数存在するのも同じ理由で成り立つからです。

 

自分の人生の未来に、いつ事故を起こすかわからないですし、いつ大病を患うかもわからないからです。

 

人は、常に未来を見据えて行動しています。

 

「非常袋」が売れるのも、いつ我が家のこの先の未来に、

 

災害などの緊急事態が起きるかわからないから、常備しようとするのです。

 

それ以外でも、

 

車にスペアタイヤが積んであったり、

 

折り畳み傘を持ち歩いていたり、

 

子供に警報ブザーを持ち歩かせていたり、

 

それこそ、

 

絆創膏(ばんそうこう)すら一週間に一回も使わないかもしれません。

 

でも、ほとんどの家に常備されています。

 

未来に起こるかもしれない手足の小さなケガを手当する為です。

人は無意識に未来に備えて生きている

こういったトラブル以外にも、

 

常に未来の仕事のきっかけを探して、

 

自己紹介がいつでもできるように名刺を持ち歩いたり、

 

未来に小腹が空いた時の為に、カバンに菓子パンを忍ばせていたり、、、、。

 

こういったように、人は無意識に、実に様々な形で未来を予測しながら生きています。

 

しかしこれも、全体的には

 

“未来に起こりうる身の危険を回避するための行動”

 

という一つの枠で大きく括る事ができます。

 

人は、常に未来を見据えて行動しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ